子供の歯磨きは終わりを意識させれば超簡単!

2017y04m05d_234038767

 

こんにちは、すずきです。

 

今回は「子供に歯磨きをしてもらうには終わりを意識させれば簡単だよ」

っていう話です。

 

ちょうど一年前に、僕の従兄弟に子供が生まれたんですが

子供に歯磨きをするのってすっごい大変みたいなんですよ。

 

子供って大人に比べて口の中が敏感なので

歯ブラシでゴシゴシやられるのはかなり不快なんですよね。

 

「歯ブラシ気持ち悪い!」

「なんでそんなもの口に入れるの!?」

と親にツッコミを入れたい気持ちなんです。

 

子供にとって歯磨きは嫌なもの。

出来ればやりたくないのです。

 

歯磨きに慣れてないから

「ヤダ!ヤダ!ヤダ!」と嫌がったり

「うわーーーーーん!」とか

最後には泣き出したりしてどうしようもないときもあります。

 

 

でも虫歯になって痛がってる我が子を想像したら

そちらの方が辛いですよね。

 

しかも大人になった時に子供の頃に歯磨きをしていなかったせいで

歯がボロボロで友達にバカにされれば責任感じるし

「あの時ちゃんと歯磨きをちゃんとしてあげれば・・」

なんて後悔しても遅いですからね。

 

だって自分の子供がイジメれたら嫌じゃないですか。

 

できれば自分でイジメられないような強い子に育ってほしいし

最低限の身だしなみは親がきちんと教育してあげたいですよね。

 

容姿で馬鹿にされたとか親の責任になっちゃうし

子育てってほんと大変だと思うし

こういう話をママさんから聞くとホント尊敬しますよ。

 

お母さんマジリスペクトです。

母は強しですね。

 

そして子供をちゃんと育ててあげたいのが親心ですし

自分の子はやっぱり可愛いです。

 

 

だからこそちゃんと歯磨きをしてあげないといけません。

でも子供が嫌がってしまう・・・

 

なので子供に「歯磨きがいつ終わるのか?」

を意識させれば子供の歯磨きは超簡単なんです。

 

え、それだけ?って思いますよね。

しかしこれだけなんです。

 

僕もこの話を歯科医から聞いた時に

「マジで?そんなんで子供が大人しく歯磨きしてくれるの?」

って思いましたよ。

 

けど実際に子供がいる友達に教えてあげたら数日後

友達「子供が歯磨き中すごい大人しくなったよー!!ほんとありがとう!」

って電話が来てめちゃくちゃ感謝されました。

 

いやー自分のことのように嬉しいですね。

その友達も子供がわんぱくで落ち着きが無く困っていたようなので

教えてほんと良かったと思いましたよ。

 

このことからも歯磨きの終わりを意識させることが出来れば

子供が素直に歯磨きタイムを我慢して耐えてくれるようになるんです。

 

具体的には

「じゅーう。きゅーう。はーち。なーな・・・」

というように歯磨きのときに10,9,8,7とカウントダウンしていくと子供もおとなしいです。

 

子供も秒数で数えてあげれば

子「あともうちょっとで終わる・・・ガマンだ。ガマンだ。」

というように子供も暴れたい気持ちを抑えて耐えてくれます。

 

ただし、この秒数が長すぎると子供もガマンできなくなり

次から歯磨きを嫌がってしまいます。

 

おすすめは「上10秒、下10秒」くらいですね。

それ以上長くなると落ち着きがなくなって来ます。

 

終わりを意識させる時に最初は短くていいんです。

最悪5秒くらいでもいいです。

「えええ!?そんなに短いと全部歯磨きできないよ!!」

って思いますよね。

 

 

僕も全部の歯を綺麗にしてあげたいと思っています。

でも最初から目標が高すぎると子供もやる前に嫌になってしまうんです。

 

子「そんなに歯磨きガマンできないよ!」

子「そんなことよりゲームしたいよ!遊びたいよ!」

って気持ちです。

 

例えるなら今までダイエットしたことない人が

いきなりアスリート並みの運動や食事制限するようなものです。

 

毎日ランニング10km、腹筋100回、背筋100回、スクワット100回、腕立100回・・・

食事も肉は脂肪分少なめの鳥肉のササミのみで

あとは野菜を沢山摂ってビタミン補給を・・

 

無理ですねw

 

「こんなの出来ねーよ!!」

「最初はウォーキングとかにしてよ!!」

って感じですよね。

 

僕はこんな生活3日もしないうちにリタイアですよ。

絶対リバウンドする気がしますね。

 

なので全く歯磨きをしたことがない子供に歯磨きさせるのは

ダイエットしたことない人にアスリート並みの運動や食事をさせるくらい大変なのです。

 

なので目標が最初から高すぎると

子「こんなの出来ないよ!」

ってツッコミが入ります。

 

まずやろうって気持ちが動きません。

 

歯磨きしよう!ってやる気がまず湧かないのですよ。

歯磨きタイムを我慢しようって子供は思わないんです。

 

なので最初の目標は小さくして慣れてもらってから

だんだんとハードルを上げていけばいいのです。

 

やろうと思わなかったらその時点で終了です。

ただの時間の無駄。

 

なので子供に歯磨きをしてもらうには終わりを意識してもらって

なおかつハードルを出来るだけ下げるのがキモです。

 

「これなら絶対できるだろう」

っていう高さのハードル。

 

 

子供が大人しく歯磨きしてくれるようになれば

歯がキレイになるし

見た目でイジメられなくなるし

自分に自信が付いてくるし

勉強でも良い成績が取れるし

良い大学とかにも入れるようになるし

将来子供が幸せになってくれますよ。

 

そのためには歯磨きです。

ちゃんと歯磨きしてあげることが子供の幸せに繋がるのです。

 

子供が大人になったときに

「小さい頃は手がかかって大変だったけど、あのとき頑張って良かった!」

と思えるようにしたいですね。

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

歯が汚いだけで人生が不幸になります。

と言われても
いやいやたかが歯でしょ?w

と思いますよね。
でも僕は実際に不幸になりました。

女の子にフラれ、仕事も上手くいかず
人生が転落してきました。

お先真っ暗でした。

しかし今では歯の黄ばみの悩みはすっかり消え
歯のコンプレックスから解放されました。

また自分の外見に自信も付き、その結果
仕事や恋愛も上手くいくようになり毎日が楽しいです。

そして同じ歯の悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
歯医者に行かなくても歯の悩みは解決できるのです。

僕が人生を変えることができた秘密は下記リンクからどうぞ
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

すずき、歯で人生変わったってよ。


--------------------------------------------------------------------------------------


【下記画像をクリックして、白い歯で人生を変える】