【注意】クレストホワイトニングに含まれる過酸化水素ヤバ過ぎ!

スクリーンショット 2017-03-09 14.11.56

 

こんにちは、歯科技工士のすずきです。

 

先日、僕の友達が歯医者でホワイトニングをしたんですが

その時に「歯にしみて痛くて施術中が本当に地獄だった・・」

と言っていました。

 

 

なぜなら歯医者でやるホワイトニングは

過酸化水素という歯肉に触れるとしみて痛くなる薬剤が使われているからなんです。

 

 

そんな痛いホワイトニングですが

東京などの都心に行くと芸能人やモデルでもない一般人の人でも

ホワイトニングしている方を多く見るようになりました。

 

でも歯医者でホワイトニングしようと思っても

料金が高いですよね。

 

なのて海外製の日本で国から認可されていないような

ちょっと怪しいホワイトニングの商品に手を出している人もいるんです。

 

その中でも特に有名なのがクレストホワイトニングという

過酸化水素を含んだテープを貼るだけで歯が白くなるという

魔法のような商品があります。

 

 

過酸化水素って歯を簡単に漂白できる便利な薬液なのですが

実は危ない劇薬なんですよね。

 

僕は過酸化水素について無知だった頃はなんとも思っていなかったのですが

きちんと勉強をしてからは

 

「え・・こんな危険なものを口の中に入れてたの!?」

 

という感じなりました。

 

過酸化水素を口に入れるなんて

今僕は鳥肌が立つくらい恐怖ですね・・

 

ということで、

これから過酸化水素の危険性について述べていこうかと思います。

 

過酸化水素には発ガン性がある

chiryou_170112

 

タイトルを見て「え!?」

と思ったかもしれませんが

過酸化水素には弱い発ガン性があることが認めれられています。

 

以下Wikiより引用

弱い動物発がん性が認められたとの報告があったことを踏まえて当該物質が分解しやすいという特性から、1980(昭和55)年2月に使用基準が「最終食品の完成前に過酸化水素を分解し、または除去しなければならない。」と改められたた。

 

過酸化水素は水と酸素に分解されるので

分解してしまえば何の害もありません。

 

現在では食品が完成するまでに漂白剤として使用している過酸化水素を

分解しないといけない法律があるのですが

昔は無かったので発ガン性があるまま食品として食べていたのです。

 

 

おいおい昔の食品会社やば過ぎだろ・・って思うし

こんなの毒食べてるのと一緒ですよ。

 

例えるなら

料亭のフグ料理でフグの中でも沢山猛毒を含んでいる肝臓と卵巣も一緒に食わされるみたいな。

いやいやその部分猛毒でマジ死ぬから!!って感じです。

 

過酸化水素は食品添加物という表示しかされないので

今では食品添加物という表示があるだけでちょっとビビります。

 

しかも過酸化水素は殺虫剤としても使用されているし

ほんと毒なんですよ。

 

あと濃度が6%以上の過酸化水素は劇物として国で指定され

高濃度のものだと皮膚に触れるとヤケドのような痛みが出ます。

 

 

ちなみにクレストホワイトニングのホワイトニングテープは

濃度10%程度なのでさらに危ない劇物です。

 

濃度が6%から10%に上がるなんて

死にそうなところにトドメの一発ですよ。

 

例えるなら半袖短パンでロシアの極寒にいて凍え死にそうなのに

さらに全裸にさせられたみたいな感じです。

 

なので僕だったら土下座して「それだけはやめれくれ!」

って言うレベルで絶対にやりたくないですね。

 

過酸化水素のホワイトニングが安全とは言えない

gatag-00011947

 

歯科医にこのようなことを聞いてみると

「過酸化水素は研究によって安全性が認証されているよ(ドヤァ)」

と言いますが・・

 

僕からしたら

「皮膚に触れるとヤケドする薬剤のどこが安全やねん!」

って感じですよw

 

そもそもなんで人ってそんなに歯を白くしたがるのか?

 

それは「白色」からイメージできるものにあり

白色は誠実感、清潔感というような爽やかな印象があります。

 

そして人の顔の中で一番面積の多い白い部分が歯なのです。

 

白ければ白いほど誠実そうであり

真っ白なシャツのような清潔感があるんです。

 

もっと白く

もっと白く

もっと白く

 

その人々の欲求に対して

より効率的に白くできる過酸化水素が使用されるようになったのです。

 

でも・・

そう思ってしまうのはしょうがないのですよ。

 

 

テレビのCMやメディアに自分の好きな芸能人や有名人が出て

清潔感のある真っ白な歯を見せつけているのですから。

 

歯が綺麗な女優さんとかほんと見惚れるくらい美しいですよね。

 

なので黄ばんだり黒ずみかかった歯は

不潔とか不衛生な印象を相手に与えてしまいますし

それくらい見た目において歯の色が重要になってきてるんです。

 

しかし過酸化水素でホワイトニングすることは

上記で書いてある通り危険性あるし痛いしヤバイだろ!って思います。

 

「ホワイトニングって痛いけど

白い歯になるために頑張って痛みに耐えよう!」

 

と思っても歯の黄ばみの原因が先天的なものでなく

着色汚れなら過酸化水素でなくても十分に落ちます。

 

でもホワイトニング=過酸化水素

というイメージがあるかと思いますが

過酸化水素を含んでいないホワイトニング剤もあります。

 

ポリリン酸など表面の着色汚れを落とす成分が主成分になっており

過酸化水素に比べて痛みもなく安全に歯を白くすることができます。

 

 

多くの人はタバコ、コーヒー、お茶、飲食などで

歯が黄ばんでいるだけなのです。

 

そして自分の本当の歯の白さを忘れてしまっているのです。

 

しかも歯医者でやるより圧倒的に費用が安いので

余ったお金で美味しいものや好きな服買ったりできるし

他の美容グッズとかにも費用をあててもいいかと思います。

 

歯白くなるし他の部分もキレイになるし最高かよって話ですよね。

 

過酸化水素よりも短時間で白くできるので

余った時間で趣味や遊びに行ったりもできます。

 

 

歯を白くするということは

見た目良くなるし

モテるし

お金節約できるし

自由な時間が増えるし

人生がもっと楽しくなりますよ。

 

ということで

今から自宅でチャチャっとホワイトニングしようと思いまーす!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

歯が汚いだけで人生が不幸になります。

と言われても
いやいやたかが歯でしょ?w

と思いますよね。
でも僕は実際に不幸になりました。

女の子にフラれ、仕事も上手くいかず
人生が転落してきました。

お先真っ暗でした。

しかし今では歯の黄ばみの悩みはすっかり消え
歯のコンプレックスから解放されました。

また自分の外見に自信も付き、その結果
仕事や恋愛も上手くいくようになり毎日が楽しいです。

そして同じ歯の悩みを持つ友達にも
僕の知識を教えたあげたら
ありがたいことにすごい感謝されております。

このことからも
歯医者に行かなくても歯の悩みは解決できるのです。

僕が人生を変えることができた秘密は下記リンクからどうぞ
       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

すずき、歯で人生変わったってよ。


--------------------------------------------------------------------------------------


【下記画像をクリックして、白い歯で人生を変える】